先輩の声


名前  加藤 亮 さん
出身校  兵庫県立大学
入社年  2012年
経験した部署  営業部

     


 

 
 

   Q1.この会社を選んだ理由はなんですか? 

私の家族全員が手に職を持っているという家庭環境で、自分も日本の「ものづくり」に関われるような仕事がしたいと思っていました。
ただ、私は手先の器用さとは縁がないので、製造だけでなく販売も独自に行っているメーカーがいいなと考えていました。
また地元に貢献したいという思いもあり、本社が神戸にある企業なら、税金は地元の兵庫県に入りますので、
日本ジャバラ工業を選びました。 

ある1日のスケジュール
 7:00  起床
 8:00  会社到着
 8:15  清掃・朝礼
 9:00  外出
 納品、打合せ
 16:00  帰社
 注文書発行
 見積、問合せなど
 19:00  業務終了
 20:00  帰宅
 入浴・食事など
 23:00  就寝

   Q2.現在のあなたの仕事を教えてください。

お客様への納品や打ち合わせ、製品のPRなどしています。
また新規開拓も積極的に行っています。
帰社後は注文や問い合わせ、見積依頼などの事務処理を行います。
毎週の営業会議では、目標の進捗確認や今後の営業活動について話し合っています。 

   Q3.仕事でうれしかったこと、
      逆に苦労したことや悔しかったことを教えてください。

引き合いから携わった物件で、ジャバラが実際に機械や設備に取り付けられ、無事に動いているのを
見たときはうれしかったです。
また造船所など大手企業様の工場で製造の現場や様子を見るとわくわくしてしまいます。
納期や仕様などのお客様の要望にどれだけ応えられるか、製造現場との調整は大変なこともあります。
また自分のスピードがお客様の求めるスピードに対応しきれず、失注してしまったこともありました。
苦労も、大変悔しい思いをすることもありますが、お客様から「ありがとう」と言っていただけるのはうれ
しく、またがんばろうと思えます。

   Q4.休日はどんなふうに過ごしていますか?

三宮や元町へ買い物や食事に出かけたり、友人と旅行に行ったりします。
また先輩と一局対戦を楽しむこともあります。 

   Q5.未来の後輩へ一言お願いします!

入社してすぐは右も左も分かりませんでしたし、3年経った今でも分からないことが多くまだまだ勉強です。
しかしそれだけ「ジャバラ」の世界は奥が深く、営業という仕事も大変な仕事なんだと思います。
何事もそうですが、営業でも、製造でも、事務系でも、辛いことばかりに思え嫌になるかもしれません。
それでもがんばった人だけが、何かしらの成功を体験でき、それだけ大きな喜びを得られるのだと思います。
そうした体験ができるよう、どの部署に配属されても全力でサポートしてくれる人がいるのが、日本ジャバラだと思います。
私もいつか、サポートができる“人財”になりたいです。
日本ジャバラに興味を持っていただけるなら、ぜひ応募してください!